alt-mainImg demo
住宅購入に必要
現金

住宅購入をする際には住宅ローンの手続きを組む人も多いですが、住宅ローンは不動産だけではなく手数料や保証料などもかかってしまいます。ネットバンクなら保証や手数料などを無料にすることができます。

Read more

返済方法
スマホを見る

住宅ローンは毎月返済していかなければなりませんが、消費者にとっては住宅ローンの返済について慎重に考えていく必要があります。住宅ローン返済で利用したいサービスによって手続きの方法が異なっています。

Read more

金利の差
売り上げ

どこの金融機関でもキャッシングの申し込みでの金利にはほぼ差がないとされています。依頼するときには広告やテレビなどで有名な会社にすると安心できます。キャッシングローンの中には無利息期間を設けているところもあります。

Read more

借り入れ自由
お金がなる木

お金のやりくりが難しいときにはカードローンを利用することによって限度額の範囲内で借り入れを自由にすることができます。カードローン申し込みは気軽にインターネットから行なうことができます。

Read more

前払式のカード

キャッシュカード

節約につながるプリペイドカード

プリペイドカードとは、あらかじめ入金をしておいた金額でしか買い物したり、サービスを受けることが出来ないタイプの前払式のカードのことを言います。現在、様々なサービスで取り入れられています。 プリペイドカードの場合、あらかじめ入金しておいた金額分しか使うことが出来ませんので、節約につながる可能性があります。しかし、場合によっては、節約どころか逆効果となる可能性もあるので注意が必要です。 頻繁にプリペイドカードへの入金をしてしまうと、いくら使ったのかを正しく把握することが出来なくなります。毎月の予算を決めて、何度も入金することのないようにそのタイミングも決めるようにしましょう。また、使い道をある程度限定することで、管理しやすくなります。

ポイントを有効活用しよう

プリペイドカードの中には、利用金額に応じてポイントを貯めることが出来る場合もあります。さらに、割引を受けることが出来る場合もありますので、利用前にはチェックするようにしましょう。ただし、ポイントには有効期限が設けられている場合もあります。有効期限を過ぎてしまうと、せっかく貯めたポイントも無効になってしまいますので、有効期限をむかえる前に利用するようにしましょう。貯まったポイントで商品を購入することが出来たり、サービスを受けることが出来ます。サービス内容はカードにより異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。 定期的に明細を確認することにより、いくら利用してのかを把握することで、節約につながります。

<r>
このエントリーをはてなブックマークに追加